篠塚ゆき

篠塚ゆき

|Biography|

篠塚ゆき (Yuki Shinozuka)
-Jazz singer song writer-

『日本の小さなエタ・ジェイムズ!』

144cmの小柄な体からは想像できないパワフルな歌声、溢れ出る音楽と言葉達。彼女の声は、ジャズファンだけではなく、R&B、ファンク、ソウル、フュージョン等様々なジャンルのリスナーの耳に届くことだろう。

新潟出身。東京在住。
幼少期、6歳からクラッシックピアノを習う。中学生の頃、映画『天使にラブソングを2』に出会い、ローリン・ヒルに憧れ、ブラックミュージックや、歌への情熱を強く抱く。ルーツはブラックミュージック。

高校時代から、音楽活動を始め、HIPHOP ,R&B, REGGAE, JAZZ、オリジナル等。様々な音楽で、今までに国内外、数百のステージを経験する。

異名でのシンガーソングライターとしての活動に、いったん終止符を打ち、英語の歌を歌う機会が増え、英語を習得する為に2007年に渡濠。オーストラリア、シドニーで1年を過ごす。働きながら英語を学び、そのシドニーで恩師、YUKI KUMAGAI ( Jazz Singer ) に出会い、師と師の旦那である John Mackie 氏 (Double bass ) の双方から指導教育を受け、ジャズシンガーとして、恩師のバンドと共にシドニーで数々のステージに出演する。

帰国後、東京に移住。

2013年3月に、もう一度本気で音楽活動を再開することを決意し、4月CPC Records と契約。今までの彼女の東京での音楽活動を支えていた人物、彼女が一番信頼を置いているという音楽家、野島健太郎氏に協力を求める。彼の監修、協力のもと、若く才能溢れるミュージシャン達と共に、契約からわずか3か月程でレコーディングやMIXまでを終え2013年の秋、CPC Recoeds から『篠塚ゆき』として全国デビュー!

2013年11月6日 CD全国発売!新たなスタートを切った。現在は東京都内を中心に、音楽活動はもちろん、作詞家、ライター、コラムニスト等、多方面に渡り精力的に活動を行っている。

メニューを閉じる